プロフィール
SNSボタン
更新通知
1
WHO IS AYUMIKURIKAMAKI ? 歌うたいの「あゆみ」と、DJ の「くりか」、盛り上げ役の「まき」からなる「あゆみくりかまき」。
2014年5月「あゆみくりかまき」として活動開始。
2015年3月4日 に発売したメジャーデビューシングル「鮭鮭鮭」はオリコンウィークリー… [MORE→]
1

あゆみくりかまき ニュース

2021.03.14 あゆみくりかまきからの大切なお知らせ

いつもあゆみくりかまきを応援いただき、誠にありがとうございます。
この場を借りて、皆様に大切なご報告をさせていただきます。

あゆみくりかまきは、2021年6月19日(土)をもちまして活動を終了することになりました。
突然の発表となり、大変申し訳ございません。

くりかまき時代から数えると、約9年間。
あゆみくりかまきとしては、約7年間。
みなさまの温かいご声援をいただき、日々活動を続けさせていただいておりました。

昨年開催を予定していた全国ワンマンライブツアーが中止となり、その頃から何度も今後のグループの未来、そして何より個人の未来について話し合いを行なってまいりました。

メンバーとスタッフの度重なる話し合いの結果、これまで支えてくださった皆様への感謝をお伝えした上で、あゆみくりかまきでの活動を終えるという結論に至り、グループの活動終了、そして解散という選択をさせていただきました。

これまで応援いただき、支えてくださったまたぎの皆さま、関係者の皆さまには心からの感謝の気持ちでいっぱいでございます。
本当にありがとうございました。

今後についてですが、5月5日(水祝)にグループとしてのラストシングルをリリースさせていただきます。
そしてラストライブをメンバーの思い入れが最も強いEX THEATER ROPPONGIにて、6月19日(土)に開催させていただきます。

解散ライブ以降は、アーティスト活動も終了する予定となっております。

ラストシングルのリリース、ラストライブに向け、
メンバー・スタッフ一同、全力で準備を進めてまいりますので、最後まで変わらぬご声援を何卒よろしくお願いいたします。


あゆみくりかまきスタッフ



<メンバーからのコメント>

あゆみくりかまきは6月19日EX THEATER ROPPONGIにて解散します。
コロナにより活動が制限され足を止められた時、
それぞれが自身とあゆくまと向き合い、話し合った結果、この活動に終止符をうつという決断に至りました。

くりかまきに加入して約7年。
殻にこもってた私に、音楽を通し人と心で会話する喜びを教えてくれたのは、まぎれもなくメンバーとまたぎです。
あゆくまになってなかったら、きっと生きながら死んでるようなものだったと思います。
大好きな音楽を、ハッピーロックを、最後の終える1秒までぐちゃぐちゃになっても伝えきるね。
あゆくまを見つけてくれて、出会ってくれて、本当に本当にありがとうございました。


あゆみ



急な発表で驚かせてごめんね。
あゆくまは、解散することになりました。

あゆくまのことしか考えてなかったから、寂しい、悲しい、たくさんの気持ちで溢れてるけど、
「またぎ、ごめんね。」の気持ちが一番大きいです。

ただ、解散は自分たちの意思で決断しました。
改めて自分の未来を考えた時に、次の道に進みたいと思うようになったのが理由です。

またぎが出会ってくれてそばにいてくれたからアイドルでいられました。
夢のような時間をみんながくれました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとう。

人生の中で家族、大切な友達の他にメンバー、チーム、またぎっていうかけがえのない存在ができたこと。
まっちゃんとふたりで活動始めて9年間。あゆと出会ってあゆくまになって7年間。
くりかにとってあゆみくりかまきのすべてがタカラモノです。
ふたりも同じ気持ちやと思う。

6月19日まで残りわずかですが、大切なみんなとかけがえのない時間を過ごしていきたいです。
最後まで大好きって伝えさせてね。


くりか



6月19日をもって、あゆみくりかまきは解散します。
突然の発表で、驚かせてしまって本当にごめんなさい。

活動を振り返ると、交通事故があったり、ライブが出来なかったり、良い結果が残せなかったり、嬉しいことよりも悔しいことが多かったのかなと思います。特に、掲げていた日本武道館での公演が達成出来なかったこと、応援してくれているまたぎのみんなに本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

でも、今ではそんな気持ちばかりではなく、あゆみくりかまきの活動は本当に楽しかったなと心から思えている自分がいます。こう思えるのもメンバー、スタッフさん、そして何よりまたぎのみんなの応援があったからです。本当にありがとう。

活動は終わりますが、私だけではなく、あゆみ、くりか、それぞれの新しい未来を見守ってくれると嬉しいし、あゆみくりかまきの音楽や存在が、みんなの心の中に残り続けてくれることを願っています。

あゆみくりかまきは私の人生の全てで、とても愛おしいものです。HAPPY ROCKを胸に、次の道でも、みんなからもらったたくさんの愛と、この活動の中で得たものを糧に、頑張っていきたいと思います。

最後まで、またぎのみんなの最高の盛り上げ役として叫び続けます。ぜひ目に焼き付けに来てくれると嬉しいです。


まき



<もどる